Q:A Night At The Kabuki NODA・MAP@東京芸術劇場プレイハウス

Inspired by A Night At The Opera
作・演出 野田秀樹 音楽 QUEEN

クイーン「オペラ座の夜」をベースにした芝居を観ました。

この芝居が企画されたのは2年前、
映画「ボヘミアン・ラプソディ」現象が起こる前とのこと。
最初、「二番煎じになるのでは」と心配しましたが、全くの杞憂に終わりました。

久しぶりの劇場での観劇でしたので、それ自体が嬉しく、
クイーンの音楽と物語がとても良く合っていたこと、
生身の人間が演じるという芝居の面白さを存分に感じることができたことで、
良い芝居を観た時に味わう余韻に、どっぷりと浸っています。

ウィリアム・シェークスピアの悲劇「ロミオとジュリエット」を下敷きに、
日本の源平の戦乱の世に置き換え、さらに時代は第二次世界大戦のシベリアにスリップする。

2組のロミオ(上川隆也、志尊淳)とジュリエット(松たか子、広瀬すず)を軸に、
私たちが今生きている世界にあふれている不寛容さや、
不寛容さゆえに壁をつくることの愚かさを描いていました。
壁は、建造物的な壁というだけでなく、もちろん心理的な壁でもあります。

いつも通り、見立てや道具遣いが面白く、
台詞も早いのですが、リズムがあって楽しく、ひねりがあり、
役者、アンサンブルのチームワークも素晴らしかったです。

今作は、野田作品の中では、かなりストレートでわかりやすい作品でした。
クイーンのアルバム「オペラ座の夜」をベースにした、
音楽劇・ロックオペラという性格からなのかもしれません。

わかりやすいからといって、観た後の爽快感はなく、
観た後、やはりモヤモヤしてしまいました。
今もまだモヤモヤは晴れることがありません。

それは嫌なモヤモヤではないんです。
芝居が終わって日常に戻っても、ずっと問いかけ続けます。
自分は何か誰かに対して不寛容ではないか、壁をつくってはいないかと。

野田作品は、すぐに答えが出て、すっきりさっぱり終わるものを表現しているのではない。
つど自分に問いかけてくる、終わりのない作品。
素晴らしい作品だったと思いつつ、それだけで終わらせてはいけないな、とも思うのです。

q_nodamap

<出演>
松たか子 上川隆也
広瀬すず 志尊淳
橋本さとし 小松和重 伊勢佳世 羽野晶紀
野田秀樹 竹中直人

贋作・桜の森の満開の下 NODA・MAP@東京芸術劇場プレイハウス

平成がはじまった29年前に初演され、再演を重ねている作品です。
心に残るシーン、台詞がいっぱいです。

10代の頃、劇団夢の遊眠社で観ました。
野田秀樹(耳男)、毬谷友子(夜長姫)の印象は強烈でした。
若く多感な時期に出会った、野田作品です。

坂口安吾の「桜の森の満開の下」「夜長姫と耳男」を下敷きとしています。
10代の私は、「桜の森の満開の下」「夜長姫と耳男」を読み、
「堕落論」にも興味を持ち、「ちょっと難しいな」と思いながら、
背伸びをして読んだものでした。

今回、野田さんは、本人が古典と感じているこの作品を、
「自分をほめてあげたくない気持ち」で、
「若い頃の稚拙さと向き合い、挑みかかり、コテンコテンにしてやろう」と思っているとのこと。

観たことろ、見立てや道具遣いがとても面白く、
役者陣の台詞や動きが研ぎ澄まされ、
シンプルでわかりやすく、洗練されていました。

なにより、役者陣が非常に豪華でした。
妻夫木聡(耳男)、深津絵里(夜長姫)、天海祐希(オオアマ)、古田新太(マナコ)。

コテンコテンというよりも、
抜群のアイデアでトンガって勢いのある若い野田さん、
経験を重ね洗練された今の野田さん、
そこに素晴らしい役者やスタッフたちが、最高にいい具合に溶け合って、
素晴らしいハーモニーを奏でていました。

作品を貫いているのは、「孤独」でしょうか。

1 孤独
  物を創る人間だけでなく、どんな人間も抱く孤独

2 通常とは違った角度から出来事を見る
  神話の隅に追いやられた、負けた側からの歴史やものの見方

3 自分と違うというだけで、差別するところが人間にはある

作り手の野田さんが過去の自分と向き合うように、
観ている私たちも、過去の自分と向き合うことになるのです。

再演されるたび、芝居を通じて、自分と対面します。
本、映画もそうですが、1度目、2度目、3度目と解釈が変わったり、
一番最初のインパクトの強いまま、ずっと変わらなかったり。

考え方や、ものの見方が変わったことで、共感する所が変わり、
また変わらず同じ所でグッと胸にせまってきたり。

このような楽しみ方ができることが、
名作と言われるゆえんなのかもしれません。

坂口安吾が後に書いたエッセイ「桜の花ざかり」には、

東京大空襲の死者たちを上野の山に集めて焼いたとき、
折りしも桜が満開で、人けのない森を風だけが吹き抜け、
「逃げだしたくなるような静寂がはりつめて」いたと記されており、
それが本作執筆の2年前に目撃した「原風景」となっているのだとか。(wiki抜粋)

まさにタイトル通りの「桜の森の満開の下」の、ラストシーン。
あまりにも哀しくて、美しすぎて、
胸が熱くなってしまうのです。
野田作品の中で最も好きな作品です。

今作、フランスのパリでも上演されたとのこと。
現地での感想や反応、
今の日本の10代・20代の若い人の感想や反応は、
いったいどういうものなのでしょうか。

偽作・桜の森の満開の下