ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道@国立新美術館

ウィーン世紀末 それは新たなはじまりだった

本展示タイトルの「ウィーン・モダン」というのは造語で、
「ウイーンの世紀末文化を近代化(モダニズム)への過程という視点で読み解く」という意味が込められている。

18世紀の女帝マリア・テレジアの時代から19世紀末~20世紀初頭のモダン・アート、モダン・デザインの黄金期まで、近代化(モダニズム)の過程を4章構成で展示。

ポスターがクリムトとエゴン・シーレなので、世紀末の作品が中心なのかと思いきや、
豪華絢爛な宮廷美術から、シンプルな現代のものまで実に幅広い。
この量が来日できたのは、ウイーン美術館が改装工事をしているからなのだそうです。

サイズ感は、アクセサリーのような小さいものから、街という大きなものまで。
絵画、陶器、ファッション、ポスター、食器類、工芸、家具、建築、都市計画と多岐にわたります。
つまり、ウィーンの芸術文化がまんべんなくわかるような展示でした。

クリムト47点、シーレ22点、ココシュカ17点とのこと。
ウィーン世紀末の作品も十分展示されているのに、どうも世紀末の印象が薄く感じるのは、
やはり作品全体のボリュームがあるからなのだと思います。
出展作品は、個人所蔵の作品をあわせて東京展で約400点。(※大阪は330点)

一気に見て歩いていますと、
オーストリアを、ウイーンを観光したような気分になる程です。

ショップの商品が、ユニークです。
・刺繍キーホルダー(猫を抱くクリムト)
・刺繍キーホルダーが(ポスターにもなっているエミーリエ)
・マイメロディーとのコラボ
・クリムト風ロングTシャツ など

販売スタッフも着ていたクリムト風ロングTシャツは、
可愛く、着心地が良さそうでいいなと思ったのですが、
私の場合、パジャマにしてしまいそうでしたので、やめました。

wienmodern2019_1

wienmodern2019_2

クリムト展@東京都美術館

クリムト没後100年記念の過去最大級の展覧会です。

女性の肖像画、「ファム・ファタル」(宿命の女)を多く描いています。
官能がテーマ。エロスとタナトスが何度も繰り返し。

実際に家族や絵のモデル、数多くの女性たちに囲まれて暮らし、
「ファム・ファタル」的な女性との関係もあったためか、
どの女性たちも、とても魅力的です。

世紀末の帝政オーストリアの大都会ウィーンで、
社会的に抑圧されて生きている女性たちにとって、
クリムトの前で、そして絵の中では、伸び伸びと振舞えたのかもしれません。

ウィーン大学大講堂の天井画の「哲学」「医学」「法学」の「学部の絵」3点を制作。
あまりにもネガティブだったため、大学にふさわしくないとのことで、大論争が起こります。
その後、ナチスに没収されたり、燃やされたり、大変な道をたどることになります。

1902年第14回分離派展(ベートーヴェン展)に出展された
「ベートーヴェン・フリーズ」が今回展示されています。
迫力があります!

「ユディトⅠ」をはじめとした、金の使い方。とても素敵でした。

klimt2019

トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美@国立新美術館

アジアとヨーロッパにまたがる交易の要地・トルコ。
多様な文化を受容・融合し、美を育んできました。
至宝約170点(ほとんど初)が、イスタンブルのトプカプ宮殿博物館から来日!

元々のオリジナルなトルコ文化や美意識、東と西の融合した文化や美意識に、
独特なものを感じたり、時々どこか懐かしさを感じたり。

宝石のなんて大きなこと!
「そんな贅沢な使い方もしちゃう」という、宝石をふんだんに施した布や工芸品、
細かい刺繍の入った手の込んだ服や布製品、金細工や家具、本など。

トルコ国民はチューリップが大好きだそうで、
可愛いチューリップのモチーフもたくさん。
幾何学模様や、繰り返しの心地良いリズム。

親日国であるトルコです。
オスマン帝国のスルタンと日本の皇室の交流を示す品々のほか、
明治期の日本美術品を里帰りさせるなど、両国の友好関係の品も展示されていました。

展示は豪華すぎて、少々おののいてしまいます。
高橋由佳利先生の「トルコで私も考えた」(大好きなシリーズ作品です)の
庶民の生活とはもう全然違います。 国の宝物ですものね。

turkey2019

フェルメール展@上野の森美術館

現存する作品はわずか35点といわれ、そのうち8点が東京に集結する日本美術展史上最大の「フェルメール展」。

当初から混雑が予想され、そのため「日時指定入場制」という、ジブリ美術館のようなチケット制です。
それでもなお、混んでいました。

一度にここ東京で、フェルメールの絵を観ることができたことは嬉しいのですが、
「フェルメール・ルーム」なるところで、行列を作り、
前の人に続いて、少しつづ歩み、作品を観るのも、なんだかなあと思ったり。

絵と対話するという空間では全くありませんでしたが、
実物を観ておきたいという場合には、今回の展示はピッタリなのかもしれません。

vermee

<ヨハネス・フェルメール>
1632年、オランダのデルフトに生まれる。21歳から画家として活動をはじめ、手紙を書く女性や、室内で歓談する男女など、人々の日常を題材とする風俗画を主に描く。吟味された構図、緻密な筆遣い、優しく穏やかな光の表現を用いながら、美しく洗練された作品を残した。
当時、デルフトの画家組合の理事を務め、その絵を愛好するパトロンもおり高い評価を受けていたが、1675年に43歳で没すると、次第に忘れ去られていった。
その後、19世紀になってから再発見され、あらためて評価されるようになる。
現存する作品は35点とも言われ、作品の素晴らしさと希少性の高さも相まって、世界的にも屈指の画家として人気を集めている。(HP抜粋)

ムンク展 共鳴する魂の叫び@東京都美術館

munch4

「叫び」がとびぬけて有名です。

ムンクは、気にいった作品を何度も繰り返し創作しています。
「叫び」だけでなく、「接吻」や「吸血鬼」なども。
今回、様々なバリエーションを見比べることができます。

家族の死や、自身の絶望や孤独をこんなに反復するのは、
はたして苦行なのか、治療なのか。どうなのでしょうか。

死というものを深く考えていたためか、
絵に絶望や孤独が漂い、じっくり鑑賞するのは、なかなかです。

最後の「自画像、時計とベッドの間」の軽快な明るい色。
やっと死というものを受け入れることができて、
ムンクの魂が、自由になれたのでしたらいいな。

munch5

munch2

munch1

<ムンク展>
エドヴァルド・ムンク(1863-1944)。
画家の故郷、ノルウェーの首都にあるオスロ市立ムンク美術館が誇る世界最大のコレクションを中心に、約60点の油彩画に版画などを加えた約100点により構成される大回顧展です。

複数描かれた《叫び》のうち、ムンク美術館が所蔵するテンペラ・油彩画の《叫び》は今回が待望の初来日となります。愛や絶望、嫉妬、孤独など人間の内面が強烈なまでに表現された代表作の数々から、ノルウェーの自然を描いた美しい風景画、明るい色に彩られた晩年の作品に至るまで、約60年にわたるムンクの画業を振り返ります。(HP抜粋)

munch3

新・桃山の茶陶@根津美術館

師走、皆さま、いかがお過ごしですか。

忙しいと、時間の余裕・心の余裕がなくなりがちですが、
「こういう時こそ」と、細切れ時間、根津美術館に向かいました。

仏像も陶器も素晴らしく、
お庭の散歩が、なによりも心を和ませてくれました。

冬の雨上がりの澄んだ空気、緑の葉、紅葉、湿った岩や苔、
池に映る夕暮れ時の色・・・

皆さまにも、季節を感じ、
少しでもほっとして頂けたらと思い、今回写真多めにしてみました。

nezu_mu1

nezu_mu2

nezu_mu3

Inezu_mu4

nezu_mu5

nezu_mu6

nezu_mu7

nezu_mu8

<新・桃山の茶陶>
信楽・備前・伊賀の大胆な篦目(へらめ)と歪み、志野の白釉に浮かぶ力強い鉄絵、織部の多彩な形と爽快な釉薬の掛け分け、そして唐津の自由な文様表現。16~17世紀初頭に作られたこれら「桃山の茶陶」は、唐物にはない和物茶陶ならではの魅力に溢れ、日本を代表するやきもののひとつとなっています。
根津美術館では平成元年(1989)に、このような桃山の茶陶を紹介する展覧会を開催しました。それからおよそ30年の間に研究が進み、中でも最も大きな発見は京都三条瀬戸物屋町と、それを営んだ商人たちの存在でした。やきものを求める顧客の変化と増大を背景に新たな流通ルートが作られたことにより、現代の私たちが見ても斬新なデザイン性の高い茶陶が誕生したことがわかってきました。
本展覧会では「生産」と「流通」という観点から、京都で出土した資料とともに伝世の茶道具を展示して、最新の桃山の茶陶の世界をご覧いただきます。(HP抜粋)

nezu_mu14

ピエール・ボナール展@国立新美術館

オルセー美術館特別企画、ボナールの大回顧展です。

なにより、色がとても美しい。

日本好きのナビ派ということで、浮世絵を思わせ、まるで馴染みの絵を見るかのようです。

色の美しさ、視覚の心地良さを重要視し、人物に関しては、顔がぼや―っとしていて、表情がよくわかりません。はっきりさせたくなくて、わざとそうしていたのでしょうか。

後に妻となるマルトをモデルにした「入浴する裸婦」。
彼女との関係が非常に気になりました。彼女は神経症を患っていたため、1日に何度も入浴し、それは、ボナールと彼女にとっての日常であり、その場面とのこと。入浴療法という治療法があったようです。

私たち日本人は、療法と言われなくとも、温泉やお風呂が大好きな人が多いですよね。シャワーだけよりも、お風呂につかりたい。

冷んやりとした鉛色の小さなタライに入るマルトに、ポカポカと温かいお風呂を体験させてあげたかったです。

ブルジョワ的な生活を批判しながらも、その恩恵を受けていた。矛盾の多い性格だったのかも。

bonnard

 

<ピエール・ボナール>
19世紀末のフランスでナビ派の一員として出発した画家ピエール・ボナール(1867‐1947年)は、浮世絵の影響が顕著な装飾的画面により、「日本かぶれのナビ」の異名を取りました。20世紀に入ると、目にした光景の印象をいかに絵画化するかという「視神経の冒険」に身を投じ、鮮烈な色彩の絵画を多数生み出します。本国フランスでは近年ナビ派の画家たちへの評価が高まり、2015年にオルセー美術館で開催されたピエール・ボナール展では51万人が魅了され、2014年のゴッホ展に次ぐ、歴代企画展入場者数の第2位を記録しました。本展覧会は、オルセー美術館の豊富なコレクションを中心に、国内外のコレクションのご協力を仰ぎ、130点超の作品で構成されるボナールの大規模な回顧展です。油彩72点、素描17点、版画・挿絵本17点、写真30点といったさまざまなジャンルを通じて、謎多き画家ボナールの魅力に迫ります。(HP抜粋)

イントゥ ザ ピクチャーズ@東京都写真美術館

恵比寿の東京都写真美術館のコレクション展です。

皆様もどこかで観たことのある、おなじみの作品ばかり。
あまり堅苦しくない、気軽な展示です。

ちょうどワークショップの日と重なっていました。
参加者の皆さん、思い思いのことを語っていらっしゃいました。
(耳をダンボにしていたわけではないのですが、聞こえてきたのでした)

ひとつの作品にも、いろいろな解釈がある。
違いがあることを感じる中で、皆でシェアする。
学生時代をふと思い出し、懐かしい気持ちになりました。

館内、涼しく快適です。
よかったらどうぞ。

into_the_pictures