贋作・桜の森の満開の下 NODA・MAP@東京芸術劇場プレイハウス

平成がはじまった29年前に初演され、再演を重ねている作品です。
心に残るシーン、台詞がいっぱいです。

10代の頃、劇団夢の遊眠社で観ました。
野田秀樹(耳男)、毬谷友子(夜長姫)の印象は強烈でした。
若く多感な時期に出会った、野田作品です。

坂口安吾の「桜の森の満開の下」「夜長姫と耳男」を下敷きとしています。
10代の私は、「桜の森の満開の下」「夜長姫と耳男」を読み、
「堕落論」にも興味を持ち、「ちょっと難しいな」と思いながら、
背伸びをして読んだものでした。

今回、野田さんは、本人が古典と感じているこの作品を、
「自分をほめてあげたくない気持ち」で、
「若い頃の稚拙さと向き合い、挑みかかり、コテンコテンにしてやろう」と思っているとのこと。

観たことろ、見立てや道具遣いがとても面白く、
役者陣の台詞や動きが研ぎ澄まされ、
シンプルでわかりやすく、洗練されていました。

なにより、役者陣が非常に豪華でした。
妻夫木聡(耳男)、深津絵里(夜長姫)、天海祐希(オオアマ)、古田新太(マナコ)。

コテンコテンというよりも、
抜群のアイデアでトンガって勢いのある若い野田さん、
経験を重ね洗練された今の野田さん、
そこに素晴らしい役者やスタッフたちが、最高にいい具合に溶け合って、
素晴らしいハーモニーを奏でていました。

作品を貫いているのは、「孤独」でしょうか。

1 孤独
  物を創る人間だけでなく、どんな人間も抱く孤独

2 通常とは違った角度から出来事を見る
  神話の隅に追いやられた、負けた側からの歴史やものの見方

3 自分と違うというだけで、差別するところが人間にはある

作り手の野田さんが過去の自分と向き合うように、
観ている私たちも、過去の自分と向き合うことになるのです。

再演されるたび、芝居を通じて、自分と対面します。
本、映画もそうですが、1度目、2度目、3度目と解釈が変わったり、
一番最初のインパクトの強いまま、ずっと変わらなかったり。

考え方や、ものの見方が変わったことで、共感する所が変わり、
また変わらず同じ所でグッと胸にせまってきたり。

このような楽しみ方ができることが、
名作と言われるゆえんなのかもしれません。

坂口安吾が後に書いたエッセイ「桜の花ざかり」には、

東京大空襲の死者たちを上野の山に集めて焼いたとき、
折りしも桜が満開で、人けのない森を風だけが吹き抜け、
「逃げだしたくなるような静寂がはりつめて」いたと記されており、
それが本作執筆の2年前に目撃した「原風景」となっているのだとか。(wiki抜粋)

まさにタイトル通りの「桜の森の満開の下」の、ラストシーン。
あまりにも哀しくて、美しすぎて、
胸が熱くなってしまうのです。
野田作品の中で最も好きな作品です。

今作、フランスのパリでも上演されたとのこと。
現地での感想や反応、
今の日本の10代・20代の若い人の感想や反応は、
いったいどういうものなのでしょうか。

偽作・桜の森の満開の下

八月納涼歌舞伎@歌舞伎座

久しぶりに歌舞伎座で、歌舞伎を観てまいりました。

昔、歌舞伎座は八月、お休みでした。
大御所の夏休み中、若い活きのいい役者を中心に、
勘三郎と三津五郎が作り上げたものが、納涼歌舞伎です。

若い人も気軽に観ることができるようにと、3部制。
実験的な作品、新しい作品、若手の古典の勉強の場になっています。
かなり前、学生の私も、そのおかげで、
とても楽しく歌舞伎にふれることができました。

2018年のこの猛暑中も、
納涼歌舞伎は、役者陣が、元気に盛り上げていました。

3部制は、時間の都合がつきやすいので、ありがたいですね。
劇場内は、程好い涼しさ。
夏にちょうど良い、気軽な楽しい作品。
ほっと一息ついた、八月の猛暑の一日でした。

歌舞伎1

歌舞伎2

「花魁草」

中村獅童、坂東彌十郎、中村扇雀
江戸の地震の夜に出会った年上女性と年下男性の、
ビタースイートな物語。

「龍虎」

天の龍と地の虎が義太夫に合わせ、対決するかのように力強く踊ります。
染五郎と幸四郎、親子の踊り。
衣装替えも多く、楽しめます。
二人の佇まいと背景が、とても美しいです。

「心中月夜星野屋」

ケチな旦那と、その旦那に囲われているお妾さんとその母親。
中車演じる旦那が「一緒に心中しよう」と企てますが・・・。
したかかバトル。コメディーです。

歌舞伎3