曼殊沙華(マンジュシャゲ) 彼岸花(ヒガンバナ)

台風がきています。皆様いかがお過ごしでしょうか。
何事もないことを、被害が少ないことを祈ります。

学名 : Lycoris radiata

お彼岸の時期に咲きます。花が咲いた後に葉が伸びてきます。
燃えるような赤い美しい花です。(白や黄色もあります)
少し妖しく感じるのは、毒性を持っているためでしょうか。

今年は東京の開花は、ゆっくりですね。

lycoris_radiata1

ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。
マンジュシャカ(サンスクリット語 manjusaka の音写)、学名からリコリス・ラジアータとも呼ばれる。
サンスクリット語で「天界に咲く花」を意味する。(wikiより)

lycoris_radiata2

仏教で伝説上の天の花。サンスクリット語 manjusakaの音写。純白で、見る者の悪業を払うといわれ、天人が雨のように降らすという。日本ではヒガンバナと呼ばれ鮮紅色の花を咲かす。(ブリタニカ国際大百科事典より)

<色別の花言葉>
•白色:思うはあなた一人/また会う日を楽しみに
•赤色:情熱/独立/再開/あきらめ/悲しい思い出/思うはあなた一人/また会う日を楽しみに
•黄色:追想/深い思いやりの心/悲しい思い出(HORTI グリーンスナップより)

朝顔(アサガオ)3

学名:Ipomoea nil
英:Morning glory

10月、神無月に入りました。
皆さま、いかがお過ごしですか。
今、ヨガ教室の玄関、朝顔が咲いています。
ロイヤルブルーと江戸紫色です。

夏の花ですが、遅れて秋に咲いているのを見ていると、
マイペースというか、おっとり具合に、なんだか和んでしまいます。

衣替えもままならない程のここ連日の暑さです。
どうかお体を大切にお過ごしくださいませ。

morning_glory12

morning_glory13

morning_glory14

morning_glory15

この下は、数週間前9月下旬、ヨガ教室玄関の初朝顔
↓   ↓   ↓ 

morning_glory10

morning_glory11

この下は、数週間前9月下旬、ベランダ
↓   ↓   ↓ 

morning_glory8

morning_glory9

勲章菊(クンショウギク、ガザニア)

学名:Gazania Gaertn
和名:クンショウギク

白い花が咲いています。放射状の花びらが勲章のようなので、勲章菊と言います。

gazania1

gazania2

gazania3

gazania4

gazania5

ガザニアは、勲章のように鮮やかな花を春から秋まで咲かせます。日光が当たると花が開き、夕方から夜や曇りの日は閉じる性質をもっています。鮮やかな色で光沢のある花弁は太陽に当たってキラキラと輝き、美しいものです。
ガザニアは高温乾燥には強い一方、多湿には弱いので、本領を発揮する真夏前の梅雨どきに腐ってしまうことがしばしばあります。特にシルバーリーフの品種は蒸れに弱いので注意が必要。耐寒性はさほど強くはありませんが、徐々に慣らせば、関東地方以西では戸外で冬越しすることも可能です。(みんなの趣味の園芸 NHK出版より)

Gazaniaの名は、アリストテレスなどのギリシャの古典書物をラテン語に翻訳したギリシャ人「ガザ」の名前に由来する。(wikiより)

朝顔(アサガオ)

学名:Ipomoea nil
英:Morning glory

夏休み中の皆様、夏休みが終わった皆様、これから夏休みの皆様、いかがお過ごしですか。

ベランダの朝顔が、やっと咲きました!
1階、ヨガ教室玄関の朝顔は、青葉が伸び、つるを巻き始めたばかり。
8月4週目に入りましたが、いったいどうしちゃったのでしょうか。

6月同じ日に、同じ様に種をまき、同じように育てています。
成長の差がありますが、これも個性なのかもしれないですね。

morning_glory

morning_glory2

morning_glory3

morning_glory4

アサガオは、ヒルガオ科サツマイモ属の一年性植物。日本で最も発達した園芸植物。古典園芸植物のひとつでもある。中国語で牽牛。日本では「蕣」の漢字も当てられる。

原産地
自生種が存在することから、 ヒマラヤかネパールから中国にかけての地域熱帯アジアどちらかが原産地であるとする説が有力であった。しかし近年になって、熱帯アメリカ大陸が原産地であるとする説が出されている。

日本
日本への到来は、奈良時代末期に遣唐使がその種子を薬として持ち帰ったものが初めとされる。アサガオの種の芽になる部分には下剤の作用がある成分がたくさん含まれており、漢名では「牽牛子(けにごし、けんごし)と呼ばれ、奈良時代、平安時代には薬用植物として扱われていた。和漢三才図会には4品種が紹介されている。

遣唐使が初めてその種を持ち帰ったのは、奈良時代末期ではなく、平安時代であるとする説もある。この場合、古く万葉集などで「朝顔」と呼ばれているものは、本種でなく、キキョウあるいはムクゲを指しているとされる。 (Wikiより)

ペンタス 草山丹花(クササンタンカ)

学名:Pentas lanceolata
和名:草山丹花(クササンタンカ) 
科名 属名:アカネ科 クササンタンカ属(ペンタス属)

皆様いかがお過ごしですか。
梅雨があけず、湿度の高い毎日ですね。

星がギュっと集まったようなピンク色のお花。
今、ベランダで咲いています。
品種改良されているからなのか、名前が沢山あるようです。

pentas1

アカネ科ペンタス属の総称。
熱帯アフリカとマダガスカルに 30~50種が分布する草本または低木。葉は卵形または披針形で有毛,対生する。花は茎頂に散房花序を形成。花冠は長さ 1.5~2cmの細長い花筒をもち,星のように5裂する。最もよく栽培されるクササンタンカ P.lanceolataは,半低木状になる多年草。自生地では高さ 130cmに達するが,一般には 30cm前後のものが栽培され,鉢花として流通する。花色は赤色,紫桃色,桃色,白色のほか,白い覆輪 (ふくりん) の入る品種もある。水はけと日当りのよい環境で育てる。5℃以上で越冬する。(ブリタニカ国際大百科事典より)

pentas2

紫陽花(アジサイ)

学名:Hydrangea macrophylla

皆様いかがお過ごしですか。
七月に入りましたが、梅雨のあける気配もなく、今年は冷夏のようです。

我が家の植物たち、お日様にあたっていないためか、
あまり成長していないような気が・・・

そんな中、あじさいは、雨でも生き生きしてますね。

まだ肌寒い日が続くようです。
皆様もどうぞ夏風邪などめしませぬように。

hydrangea1

hydrangea2

hydrangea3

アジサイは、アジサイ科アジサイ属の落葉低木の一種である。
広義には「アジサイ」の名はアジサイ属植物の一部の総称でもある。狭義には品種の一つ H. macrophylla f. macrophylla の和名であり、他との区別のためこれがホンアジサイと呼ばれることもある。原種は日本に自生するガクアジサイ H. macrophylla f. normalis である。(wiki抜粋)

葉は先のとがった楕円形で、多くは光沢があり、秋から冬に落葉する。若枝の先にたくさんの小花が集まった半球形の花をつけますが、花びらに見えるのは、実は「装飾花(中性花)」という実を結ばない花のガク。本当の花は、装飾花の中心にある小さな点のような部分で、額咲きのものは装飾花に取り囲まれた中央部におしべとめしべのある「両性花」がついている。

松葉牡丹2

学名:Portulaca grandiflora

本日から東京、梅雨入りしました。
松葉ボタンが、今、とても元気に咲いています。

portulaca_grandiflora3

portulaca_grandiflora4
秋に剪定したばかりなのに、鉢から飛び出ちゃって・・・

スベリヒユ科
ヒメマツバボタン(P. pilosa subsp. grandiflora)の亜種とされることもある。
日本ではホロビンソウ(不亡草)とも呼ばれる。
年々種が零れて新たな花が生えだしてくるため。(wiki抜粋)

カランコエ

学名:Kalanchoe Adans.

今、ヨガスタジオの玄関で、皆さまをお迎えしています。
小さな星が集まったようなピンク色のお花です。

kalanchoe2

kalanchoe1

カランコエは、ベンケイソウ科の1属。リュウキュウベンケイ属とも言う。 セイロンベンケイ節をセイロンベンケイ属 (Bryophyllum) として分けることもある。
リュウキュウベンケイ(琉球弁慶、Kalanchoe integra)とは、ベンケイソウ科リュウキュウベンケイ属の多肉質の多年草。

ビオラ2

学名:Viola labradorica

ベランダで、ビオラがこんもりと咲いています。

viola3

今から3か月前の11月は、土がみえている状態でした。
こんな感じ↓

viola2

温暖な冬だったからなのでしょうか。
ビオラの、植物の生命力、見習いたいものです。

まだまだ寒い日もありますが、春の訪れを感じますね。