朝顔(アサガオ)

学名: Ipomoea nil
英: Morning glory

夏休み中の皆様、夏休みが終わった皆様、これから夏休みの皆様、いかがお過ごしですか。

ベランダの朝顔が、やっと咲きました!
1階、ヨガ教室玄関の朝顔は、青葉が伸び、つるを巻き始めたばかり。
8月4週目に入りましたが、いったいどうしちゃったのでしょうか。

6月同じ日に、同じ様に種をまき、同じように育てています。
成長の差がありますが、これも個性なのかもしれないですね。

morning_glory

アサガオは、ヒルガオ科サツマイモ属の一年性植物。日本で最も発達した園芸植物。古典園芸植物のひとつでもある。中国語で牽牛。日本では「蕣」の漢字も当てられる。

原産地
自生種が存在することから、 ヒマラヤかネパールから中国にかけての地域熱帯アジアどちらかが原産地であるとする説が有力であった。しかし近年になって、熱帯アメリカ大陸が原産地であるとする説が出されている。

日本
日本への到来は、奈良時代末期に遣唐使がその種子を薬として持ち帰ったものが初めとされる。アサガオの種の芽になる部分には下剤の作用がある成分がたくさん含まれており、漢名では「牽牛子(けにごし、けんごし)と呼ばれ、奈良時代、平安時代には薬用植物として扱われていた。和漢三才図会には4品種が紹介されている。

遣唐使が初めてその種を持ち帰ったのは、奈良時代末期ではなく、平安時代であるとする説もある。この場合、古く万葉集などで「朝顔」と呼ばれているものは、本種でなく、キキョウあるいはムクゲを指しているとされる。 (Wikiより)

ペンタス 草山丹花(クササンタンカ)

学名:Pentas lanceolata
和名:草山丹花(クササンタンカ) 
科名 属名:アカネ科 クササンタンカ属(ペンタス属)

皆様いかがお過ごしですか。
梅雨があけず、湿度の高い毎日ですね。

星がギュっと集まったようなピンク色のお花。
今、ベランダで咲いています。
品種改良されているからなのか、名前が沢山あるようです。

pentas1

アカネ科ペンタス属の総称。
熱帯アフリカとマダガスカルに 30~50種が分布する草本または低木。葉は卵形または披針形で有毛,対生する。花は茎頂に散房花序を形成。花冠は長さ 1.5~2cmの細長い花筒をもち,星のように5裂する。最もよく栽培されるクササンタンカ P.lanceolataは,半低木状になる多年草。自生地では高さ 130cmに達するが,一般には 30cm前後のものが栽培され,鉢花として流通する。花色は赤色,紫桃色,桃色,白色のほか,白い覆輪 (ふくりん) の入る品種もある。水はけと日当りのよい環境で育てる。5℃以上で越冬する。(ブリタニカ国際大百科事典より)

pentas2

紫陽花(アジサイ)

学名:Hydrangea macrophylla

皆様いかがお過ごしですか。
七月に入りましたが、梅雨のあける気配もなく、今年は冷夏のようです。

我が家の植物たち、お日様にあたっていないためか、
あまり成長していないような気が・・・

そんな中、あじさいは、雨でも生き生きしてますね。

まだ肌寒い日が続くようです。
皆様もどうぞ夏風邪などめしませぬように。

hydrangea1

hydrangea2

hydrangea3

アジサイは、アジサイ科アジサイ属の落葉低木の一種である。
広義には「アジサイ」の名はアジサイ属植物の一部の総称でもある。狭義には品種の一つ H. macrophylla f. macrophylla の和名であり、他との区別のためこれがホンアジサイと呼ばれることもある。原種は日本に自生するガクアジサイ H. macrophylla f. normalis である。(wiki抜粋)

葉は先のとがった楕円形で、多くは光沢があり、秋から冬に落葉する。若枝の先にたくさんの小花が集まった半球形の花をつけますが、花びらに見えるのは、実は「装飾花(中性花)」という実を結ばない花のガク。本当の花は、装飾花の中心にある小さな点のような部分で、額咲きのものは装飾花に取り囲まれた中央部におしべとめしべのある「両性花」がついている。

松葉牡丹2

学名:Portulaca grandiflora

本日から東京、梅雨入りしました。
松葉ボタンが、今、とても元気に咲いています。

portulaca_grandiflora3

portulaca_grandiflora4
秋に剪定したばかりなのに、鉢から飛び出ちゃって・・・

スベリヒユ科
ヒメマツバボタン(P. pilosa subsp. grandiflora)の亜種とされることもある。
日本ではホロビンソウ(不亡草)とも呼ばれる。
年々種が零れて新たな花が生えだしてくるため。(wiki抜粋)

カランコエ

学名:Kalanchoe Adans.

今、ヨガスタジオの玄関で、皆さまをお迎えしています。
小さな星が集まったようなピンク色のお花です。

kalanchoe2

kalanchoe1

カランコエは、ベンケイソウ科の1属。リュウキュウベンケイ属とも言う。 セイロンベンケイ節をセイロンベンケイ属 (Bryophyllum) として分けることもある。
リュウキュウベンケイ(琉球弁慶、Kalanchoe integra)とは、ベンケイソウ科リュウキュウベンケイ属の多肉質の多年草。

ビオラ2

学名:Viola labradorica

ベランダで、ビオラがこんもりと咲いています。

viola3

今から3か月前の11月は、土がみえている状態でした。
こんな感じ↓

viola2

温暖な冬だったからなのでしょうか。
ビオラの、植物の生命力、見習いたいものです。

まだまだ寒い日もありますが、春の訪れを感じますね。

蝦蛄葉仙人掌(シャコバサボテン) クリスマス・カクタス デンマーク・カクタス

学名:Schlumbergera truncata
英名:Christmas Cactus

12月、クリスマス・カクタスが、皆さまをお迎えしています。
寒さに強い子です。

dark_marie2ただいまのダークマリー

dark_marie1少し前のダークマリー

シャコバサボテン(蝦蛄葉仙人掌)は、「しゃこ」の様な見た目からついた名前。
サボテン科スクルンベルゲラ属(シュルンベルゲラ属とも呼ぶ)に属する森林性樹上着生生活をするサボテンの一種である。ブラジルリオデジャネイロ州のオルガン山脈などの高山を原産とするサボテンで、冬場(北半球ではクリスマスの時期)に開花することから「クリスマス・カクタス」と海外では呼ばれる。

短日性植物で一日の日照時間が短くなってくると蕾を形成することが知られている。シャコバサボテンの種内交配園芸品種も昭和期には日本に多数存在していたが、現在はほとんどが失われてしまった。茎の節ごとに一対の突起が隆起しており、これがシャコの身体を彷彿とさせることからこの名が付いた。現在は、この原種を基にした雑種群に慣用的に「シャコバサボテン」と呼ぶことが多い。また、本種を使用して発展した現在主流の雑種群は、商品名として「デンマーク・カクタス」として普及している。(wiki抜粋)

秋桜 (コスモス)2

学名:Cosmos

今、コスモスが、とても元気に咲いています。
濃いピンク、ショッキングピンクの花です。

冬至にむかって日照時間が短くなり、人は少しメランコリーになりがちですが、
コスモスみたいな花もあるのですね。

冬のメランコリー対策は、
コスモスのように太陽の光を浴びること、
ヨガのように無理なく体を動かすこと、
規則的な食事と睡眠が効果的です。

cosmos2

数日後、満開に
cosmos3
cosmos4

マリーゴールド2

学名:Tagetes

皆様いかがお過ごしですか。
立冬を過ぎ、暦の上では冬になりました。

朝晩冷えてまいりましたので、
少しづつ冬の準備をしたいなと思っているところです。

皆様もどうぞお風邪などめしませぬように。

marigold3
marigold4

開花時期は10月までのようですが、11月中旬というのに、
今年2回目のマリーゴールドが、ポン・ポン・ポンと咲いています。
柔軟性のある花なのでしょうか。

数日後、まん丸たちが元気いっぱい
marigold5

ビオラ

学名:Viola labradorica

同じお店で、同じ棚にあった苗を4つ買いました。
2つはすぐに枯れ、2つはこんなに元気に咲いています。
同じ環境で育てたのですが、なんとも不思議ですね。

viola1
viola2

ビオラとはスミレ科スミレ属のラテン語名。
園芸上はパンジーの小輪多花性種をヴィオラ(ビオラ)と呼んでいる。