恐竜博2019@国立科学博物館

もうすぐ9月。本日23日は暑さもおさまり秋の気配を感じる「処暑」です。

上野の恐竜展に行ってまいりました。

dino2019_1

<みどころ>
2.4mの長い腕をもつデイノケイルス
北海道で発見された「むかわ竜」

館内は、夏休み中の子供たちとそのご家族で、大賑わい。
子供たちは、メモをとったり、写真を撮ったり、おしゃべりしたり、
走ったり(!)、寝っ転がったり(!)、ケンカしたり(!)、
普段とはだいぶ違う雰囲気でしたが、彼らの会話は面白いですね。

最近の恐竜は、爬虫類というより、鳥類に近いという観点。
フサフサとしたカラフルな(実際の色は研究中)羽があり、
卵を温めて、孵化した後、赤ちゃんの育児をしていたようです。

恐竜展は、毎回少しつづ新しい発見があり、夢とロマンがつまっていますね。

dino2019_2

dino2019_3

dino2019_4

dino2019_5

dino2019_6

dino2019_7

dino2019_8

dino2019_9
ロミオとジュリエット

dino2019_10

dino2019_11

dino2019_12

dino2019_13

dino2019_14
ライティングが最高です!

縄文 1万年の美の鼓動(縄文展)@東京国立博物館 平成館

「ニッポンの、美の原点。」

縄文1

光、闇、天、地、海、山、森、川・・・。
自然とともに生きてきた縄文の人々。
今回、北から南まで、さまざまな作品が勢ぞろい。
どの作品もエネルギーにあふれています。

子供から大人まで楽しめる展示です。
教科書に掲載されていた「遮光器土偶」の不思議さ。

縄文6

生活習慣や文化、宗教観など、今も研究中で、
まだよくわかっていないことも多く、
そのあたりもワクワクしますね。

別室の、国宝6作品がみどころです。

縄文3

縄文4

縄文5

縄文2