南関東ブロック大会 ヨーガ療法学会2019@東洋大学 川越キャンパス

10月27日(日)、第1回日本ヨーガ療法学会のブロック大会に参加してまいりました。
今年からはじまったばかりのこのブロック大会は、
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県の療法士協会の支部が主催する、地域の研究総会です。

テーマは
「ヨーガ療法への期待と可能性」
インドで生まれ、日本で進化、世界に広がるヨーガ療法

ブロック大会は、全国の研究総会と研修会の間くらいの位置でしょうか。
都心から少し離れた大学は、勉強するのに適した環境で、集中できました。
初めて下車する駅や大学は、のどかで、とても新鮮でした。
なにより日帰りできる研究総会はありがたいです。

kanto_yogatherapy2019_3

<講演>
木村慧心先生
日本ヨーガ療法学会理事長
「ヨーガ療法に関する東洋大学との共同研究、及びWHOとの取組み」

岡孝和先生 
国際医療福祉大学診療内科 主任教授
「ヨーガの医学的効能と、ヨーガ療法への期待」

加藤千恵子先生
東洋大学教授
「ヨーガ療法アセスメントの可能性の検討」

<研究発表>
日本ヨーガ療法学会 会員による発表

<公開スーパービジョン>
黒川内科 臨床心理士・博士 鎌田譲先生とヨーガ療法士
「心理療法的ヨーガ療法の進め方」

yogatherapy2019_1

kanto_yogatherapy2019_2

ヨーガ療法学会研究総会2019@広島

4月19日(金)20日(土)、第17回日本ヨーガ療法学会研究総会が、
広島国際会議場で開催され、参加してまいりました。

hiroshima2

今回のテーマは
「呼吸と意識とヨーガ療法」
ヨーガの瞑想とマインドフルネス

<マインドフルネス(英: mindfulness)>
今現在において起こっている経験に注意を向ける心理的な過程であり、瞑想およびその他の訓練を通じて発達させることができる。マインドフルネスの語義として、「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」(wikiより抜粋)

私たちはスマホやパソコンなど毎日膨大な量の情報にさらされ、かなり脳を酷使している状態です。情報過多な毎日の積み重ねは、不安を感じたり、うつ症状、なにかしらの依存を生みやすくする、とのこと。

・脳を休めるとは
・休め方とは
・瞑想やマインドフルネス時の脳の状態とは
・どんな効果があるのか
・ヨーガの瞑想とマインドフルネスの関係

講師の先生方の研究報告によると、呼吸、瞑想、マインドフルネスは、心の状態を穏やかに、肉体を健康にしてくれる。自律神経を研究し治療に役立てている先生、脳の研究をしている先生、呼吸を研究している先生、マインドフルネスを指導している先生などからも語られました。

ヨガのレッスンで日々行っていることが、心身への良い効果があるという研究報告は、興味深く、かつ心強いものでした。良い意味で、私自身も情報過多な学会で頭がパンパンです。

今回の内容を、ヨガ教室にいらっしゃる皆さんに報告し、語り合いたいと思います。

<講演>
岡村仁大会長講演
「こころのケアとヨーガ療法」

小林弘幸先生講演
「呼吸と意識、自律神経との関連」

久賀谷亮先生
「マインドフルネスと今」

熊野宏昭先生
「マインドフルネスがマインドワンダリング指導に及ぼす影響:臨床的効果が現れるメカニズムへの示唆」

木村慧心先生
「インド五千年のマインドフルネス」

岡孝和先生
「心身医学専門家から見たヨーガ療法」

エイミー・ウィーラー先生
「アメリカのヨーガ療法事情」

本間生夫先生講演
「情動と呼吸法」

<参加した分科会:アルコール依存症に対するヨーガ療法>
タイの医療センターでの薬物依存症に対するヨーガ療法報告
東京・神奈川のアルコール依存症に対するヨーガ療法報告

hiroshima3
原爆死没者慰霊碑(正式名称:広島平和都市記念碑)

hiroshima5
原爆ドーム(正式名称:広島平和記念碑)

hiroshima10
広島平和記念公園
ヨーガ療法学会は、この公園内で行われました

ヨーガ療法学会研究総会2018@仙台

7月6日(金)7日(土)、
第16回日本ヨーガ療法学会研究総会、第3回アジアヨーガ療法協会会議が、
仙台国際センターで開催され、参加してまいりました。

今回の広島や岡山の西日本の洪水災害。
災害被災された皆様、心からお見舞い申し上げます。
研究総会開催中、広島や岡山、西日本からの参加の方もいらっしゃり、
大変な状況であること、日本全体で、いつ起こっても不思議でないこと、
その時にどんなことが私たちはできるのか、を考えることになりました。

今回の開催地は仙台だったことから、東日本大震災の時のことを、
講演者の方がたは、折にふれてお話くださいました。
仙台のヨーガ療法士さんたちは、ご自分たちも大変な状況でしたのに、
ボランティアで、被災地の会館などで、ストレス緩和のヨーガ療法を行っていました。

今後は、この経験を踏まえ、災害サポーターの育成もしていきたいと
研究総会でおっしゃっていました。
私たちはそういう手伝いができるのかもと思いました。
いたるところで、被災されたときの痕跡と乗り越える力を強く感じる総会となりました。

ヨーガ療法学会仙台1

ヨーガ療法学会仙台2

今回のテーマは
ヨーガ療法って?What’s Yoga Therapy?

現在、世界各国にヨーガセラピーというものが存在しています。
それぞれの団体や個人が、独自に活動しているのが現状です。

今回の総会では、様々な国のヨガ団体のヨガ講師、日本の各地のヨガ団体の方、医療関係の方が集まりました。
それぞれ別の団体ではありますが、権利や特許というものをこえて、
「ヨガの研究情報を共有し、ヨガから、より良い社会にしていきましょう」という「仙台宣言」を行いました。

総会期間中は、オウム真理教(ヨガというものを個人のエゴで悪用し、殺人まで犯した事件)が、
法律上は、ひと段落つきました。感慨深いです。

私のヨガの先生も時々、その事件の頃のヨガ教室のことをお話しくださることがあります。
罪を犯した信者の若者たち、被害者の方のことも多面的に考えていらっしゃり、
「あの事件がおこる前に、ヨガ業界全体で何かできなかったか」と。

オウム真理教と関係がなくても、世間の目は「ヨガは危険」という風潮で、
本当に大変だったようです。体操的なヨガはOKだけど、
呼吸法や瞑想、精神・心の話をすると怪しいと疑われる。
ヨガ本来の素晴らしさを曲解された事件でもありました。

私自身もヨガをしていると色眼鏡で見られることがありましたし、
両親にさえ、非常に心配されたものでした。
ヨガの歴史に一つの区切りがついたのかもしれません。

研究総会で様々な国のヨガ関係者が集まることは、
本当に幸せなことだと、つくづく思いました。

参加した分科会
・アネケ・シップス氏(オランダ)
 統合失調症に対するヨーガ療法のアプローチ
・ペニー・ロバーツ氏(英国)
 アセスメントのための情報収集~姿勢・呼吸・理解力から読み取れること~
・カリン・シェルシア氏 (オーストラリア)
 ナーディとチャクラを浄化する癒しのテクニック

ヨーガ療法学会仙台3