ヨーガ療法学会研究総会2022鳥取web

ヨーガ療法学会研究総会2022

第20回日本ヨーガ療法学会研究総会が、
会場での開催5月20日(金)21日(土)
オンライン参加と対面参加混合の開催。

私は昨年と同じように、ネット配信で参加しております。

ヨガ教室で、生徒さんとのレッスン時間、研究総会の講演をお伝えし、
皆さんのご感想を伺っているところです。

私のように街のヨガ教室で指導することとは違うヨガの活動をされているヨーガ療法士の皆さん、
その活動に参加されている患者さんや体験者さんのご意見やご感想に、
さらなるヨガの可能性を感じています。

ヨーガ療法学会研究総会2022

今回のテーマは
「専門性・地域に根ざすヨーガ療法」

<海外招待講演 Invited lecture>

ドイツにおける自然療法の位置づけと役割
The State for Naturopathy in Germany

アンドレアス・ミヒャールゼン先生
シャリテ・ベルリン医科大学自然療法科教授
“自然療法”のヨーロッパを代表する専門家
著書「自然の力で治す」

ドイツにおけるヨーガ療法
Yogatherapy in Germany

アレキサンダー・ピーターズ先生
ドイツヨーガセラピー協会(DeGYT) 会長
イマニュエル病院自然療法科でヨーガ療法指導

・質疑応答 Question-and-answer session
アンドレアス・ミヒャールゼン先生
アレキサンダー・ピーターズ先生

<招待・大会長講演 Invited lecture>

医療現場におけるヨーガ療法の位置づけ
大野智先生
厚生労働省で統合医療の中にヨーガを入れてくださった経緯など

プライマリ・ケアにおける多職種協働連携「統合ヘルスケアチーム」でのヨーガ療法の役割
伊藤京子先生
三重県立子ども心身発達医療センター児童精神科/名古屋大学医学部附属病院総合診療科

名古屋大学統合ヘルスケアチームでのヨーガ療法士の役割
中澤香代氏
名古屋大学医学部附属病院総合診療科にヨーガ療法指導

医療現場におけるヨーガ療法の位置づけ
木村慧心大会長

<シンポジウム Symposium>

専門性・地域に根ざすヨーガ療法
鏑木孝明先生 豊重哲朗先生 坂本昭文先生 座長:木村慧心先生

<分科会 Breakoutsession>

リワークとヨーガ療法
高松 円先生 筒井祐子先生 前野有里先生 座長:古市佳也先生

社会復帰のためのリワークの施設内で、ヨーガもプログラムに入っている

依存症とヨーガ療法
山下陽三先生 千坂雅浩先生 石故幸子先生 足立みぎわ先生

ダルクでの薬物依存症、アルコール依存症の回復に
ヨーガ療法が役立っている