朝顔(アサガオ)6

学名:Ipomoea nil
英:Morning glory

寒露を過ぎ、長雨が続き、日が短くなり、ぐっと秋が深まってまいりました。
皆様、いかがお過ごしですか。

ヨガ教室とベランダの朝顔は、
最近のこの涼しい気温が良かったのでしょうか、
10月の初旬が花盛りで、今もちらほらと咲いています。

私たちにとっては肌寒く感じる気温なのですが、
朝顔にとっては意外と快適なのか、夕方になっても、
時には夜になっても咲き続けていることがあります。

秋はメランコリーの季節とも言われています。
メランコリーとは日常的な用法では、はればれしない落ち込んだ気分、抑うつのこと。

花盛りの時期の写真で、ほっこりして頂けましたら嬉しいです。

morningglory2020-14
1

morningglory2020-15
2

morningglory2020-16
3

morningglory2020-17
1

morningglory2020-18
2

mushroom
3 長雨中に、別の鉢でスクスクと成長してました!

morningglory2020-19

morningglory2020-20

morningglory2020-21

morningglory2020-22

morningglory2020-23
柵が朝顔のパズルのように

morningglory2020-24

morningglory2020-25

morningglory2020-26

morningglory2020-27

morningglory2020-28

morningglory2020-29

morningglory2020-30

morningglory2020-31

朝顔(アサガオ)5

学名:Ipomoea nil
英:Morning glory

1階ヨガ教室の玄関先の朝顔が咲きました。
ヨガにいらした時に、ついでにご覧いただけましたら嬉しいです。

朝顔のブルー、鮮やかで美しいです。

午前中は曇りで、空全体がグレーでしたが、
少しづつ明るくなり、今は青空になりました。
空と朝顔の青色が、とても爽やかです。

9月16日開花、おっとりさんですね。

morning_glory2020_8

morning_glory2020_9

morning_glory2020_10
6輪です

花咲く前の青々とした緑の葉

morning_glory2020_11

こんもりブルーの花が咲きました

morning_glory2020_12

morning_glory2020_13

瑠璃茉莉(ルリマツリ) プルンバーゴ

学名:Plumbago auriculata
シノニム:Plumbago capensis
別名:アオマツリ

日差しの眩しい日かと思うと、突然雨が降る今日この頃。
ご近所、新宿区、豊島区、文京区界隈を散歩してみました。

瑠璃茉莉は、夏の花とのことですが、秋も咲く花のようです。
カンカン照りの中、ほっと和む涼しげな水色の花です。

plumbago_auriculata1

南アフリカ原産の植物、南アフリカでは自生している。幹は直立し、枝分かれし、先端はややつる状になる。多年生草本とする文献と、低木とする文献がある。高さは1.5メートルほどであるが、放任すると4~5メートルまで生長する。

属名のPlumbagoはラテン語で「鉛」を、種小名auriculata(アウリクラータ)は「耳形の」を意味する。シノニムはPlumbago capensis、、種小名capensisは「喜望峰産の」という意味。和名のルリマツリ(瑠璃茉莉)のルリは花の色、マツリはマツリカ(ジャスミン)に似た花の姿に由来する。(wiki抜粋)

イソマツ科 ルリマツリ属
和名の由来は、ジャスミンの一種の「茉莉花」に似た青い花をつけることからきている。 属名のプルンバゴの名で出まわることもある。花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。 腺毛から出る粘液によって「ひっつきむし」となる。(みんなの花図鑑抜粋)

windmill

朝顔(アサガオ)4

学名:Ipomoea nil
英:Morning glory

9月、明日から白露です。暦の上ではすっかり秋になりました。
皆さま、いかがお過ごしですか。
秋というのにこの猛暑。
沖縄や九州の台風も気がかりです。

morning_glory2020_5

ベランダで朝顔が咲き始めました。ゆっくりペースです。
ヨガ教室の玄関横の朝顔は、いまだに咲く気配がありません。
のんびりしてますねえ。

まだまだ暑い毎日が続きそうです。
どうかお体を大切にお過ごしくださいませ。

morning_glory2020_7
江戸紫色

morning_glory2020_6
最初は紫、しばらく経つとピンク色に

芽がでてきた頃

morning_glory2020_1

morning_glory2020_2

ツルが伸びはじめた頃

morning_glory2020_3

morning_glory2020_4

アサガオは、ヒルガオ科サツマイモ属の一年性植物。日本で最も発達した園芸植物。古典園芸植物のひとつでもある。中国語で牽牛。日本では「蕣」の漢字も当てられる。夏の花だけど秋も咲く。

原産地
自生種が存在することから、 ヒマラヤかネパールから中国にかけての地域熱帯アジアどちらかが原産地であるとする説が有力であった。しかし近年になって、熱帯アメリカ大陸が原産地であるとする説が出されている。

日本
日本への到来は、奈良時代末期に遣唐使がその種子を薬として持ち帰ったものが初めとされる。アサガオの種の芽になる部分には下剤の作用がある成分がたくさん含まれており、漢名では「牽牛子(けにごし、けんごし)と呼ばれ、奈良時代、平安時代には薬用植物として扱われていた。和漢三才図会には4品種が紹介されている。

遣唐使が初めてその種を持ち帰ったのは、奈良時代末期ではなく、平安時代であるとする説もある。この場合、古く万葉集などで「朝顔」と呼ばれているものは、本種でなく、キキョウあるいはムクゲを指しているとされる。 (Wikiより)

曼殊沙華(マンジュシャゲ) 彼岸花(ヒガンバナ)

台風がきています。皆様いかがお過ごしでしょうか。
何事もないことを、被害が少ないことを祈ります。

学名 : Lycoris radiata

お彼岸の時期に咲きます。花が咲いた後に葉が伸びてきます。
燃えるような赤い美しい花です。(白や黄色もあります)
少し妖しく感じるのは、毒性を持っているためでしょうか。

今年は東京の開花は、ゆっくりですね。

lycoris_radiata1

ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。
マンジュシャカ(サンスクリット語 manjusaka の音写)、学名からリコリス・ラジアータとも呼ばれる。
サンスクリット語で「天界に咲く花」を意味する。(wikiより)

lycoris_radiata2

仏教で伝説上の天の花。サンスクリット語 manjusakaの音写。純白で、見る者の悪業を払うといわれ、天人が雨のように降らすという。日本ではヒガンバナと呼ばれ鮮紅色の花を咲かす。(ブリタニカ国際大百科事典より)

<色別の花言葉>
•白色:思うはあなた一人/また会う日を楽しみに
•赤色:情熱/独立/再開/あきらめ/悲しい思い出/思うはあなた一人/また会う日を楽しみに
•黄色:追想/深い思いやりの心/悲しい思い出(HORTI グリーンスナップより)

朝顔(アサガオ)3

学名:Ipomoea nil
英:Morning glory

10月、神無月に入りました。
皆さま、いかがお過ごしですか。
今、ヨガ教室の玄関、朝顔が咲いています。
ロイヤルブルーと江戸紫色です。

夏の花ですが、遅れて秋に咲いているのを見ていると、
マイペースというか、おっとり具合に、なんだか和んでしまいます。

衣替えもままならない程のここ連日の暑さです。
どうかお体を大切にお過ごしくださいませ。

morning_glory12

morning_glory13

morning_glory14

morning_glory15

この下は、数週間前9月下旬、ヨガ教室玄関の初朝顔
↓   ↓   ↓ 

morning_glory10

morning_glory11

この下は、数週間前9月下旬、ベランダ
↓   ↓   ↓ 

morning_glory8

morning_glory9

秋桜 (コスモス)2

学名:Cosmos

今、コスモスが、とても元気に咲いています。
濃いピンク、ショッキングピンクの花です。

冬至にむかって日照時間が短くなり、人は少しメランコリーになりがちですが、
コスモスみたいな花もあるのですね。

冬のメランコリー対策は、
コスモスのように太陽の光を浴びること、
ヨガのように無理なく体を動かすこと、
規則的な食事と睡眠が効果的です。

cosmos2

数日後、満開に
cosmos3
cosmos4

秋桜(コスモス)

学名:Cosmos

秋になり、日が短くなりました。
いよいよコスモスの季節です。

薄ピンクの可憐な花が咲きました。

cosmos1

キク科コスモス属の総称。
また、種としてのオオハルシャギクCosmos bipinnatus Cav.を指す場合もある。(wiki抜粋)